マンションの駐車場にまつわる話

マンションに併設された駐車場と言うと

マンションに併設された駐車場と言うと、野ざらしの場所もあるでしょうし、屋根があるところや、建物の下、地下などを想像するかと思います。
都市部の土地価格が高い場所では、土地利用の有益な立体駐車場がよく利用されますが、私が住んだある田舎の小さなマンションでは、建物の横や裏についた駐車場が当たり前です。
部屋と同じ数の車が置けるところは、助かりました。
部屋数より少ないいい加減なところもあったので、その場合は路上駐車になってしまうのです。

小さなマンションで、2階建てでも10室ぐらいありましたが、建物の北側、玄関を出ると目の前が駐車場で、1台1台車のスペースが地面に書いた線で区切られていました。
住み始めた時は、どのスペースがどの部屋番号との割り振りはされておらず、たまたま一階の私の玄関の真ん前が空いていたので、利用できました。

他の住人も、必ず車があるような交通の不便な場所です。
そのうち、駐車場の管理が徹底されたようで、住人同士交流がないので、提案や苦情でもあったのか分かりませんが、全部の駐車スペースに部屋番号を書かれて、明確になりました。
私は、玄関前の場所で変更がなく、便利でした。

Copyright (C)2017マンションの駐車場にまつわる話.All rights reserved.